【PR】【大型集塵機完全ガイド】おすすめ集塵機メーカー2選

「粉じん障害防止規則」とは? 大型集塵機の定期点検が重要

2023/11/30

粉塵による健康被害を防ぐため、粉塵障害防止規則、じん肺法、大気汚染防止法などの法律があり、特定粉塵作業に従事する労働者への粉塵特別教育の受講、排気・換気装置や大型集塵機の設置・点検、粉塵濃度の定期測定などの対策が実施されています。

粉塵に関連する法律には何がある?

粉塵に関連する法律には、労働者の健康を良好に保ち、大気の環境の保全を目的とした重要な規則が決められています。粉塵に関連する主な法律には粉塵障害防止規則やじん肺法、大気汚染防止法があります。

粉塵障害防止規則は、労働安全衛生法の一部として制定されています。建設現場や工場で働く労働者を粉塵の健康障害から守ることを目的としている法律です。

粉塵を長い期間にわたって吸い込み続けると、息切れや動悸といった症状が発症します。粉塵が肺の中に蓄積されるとじん肺を発症するおそれがあり、じん肺は現代の医学でも完治が難しい病気です。

じん肺の原因となる粉塵から労働者を守るための必要な措置を明確にしたものが粉塵障害防止規則です。

粉塵障害防止規則は、粉じんの発散を抑制する措置、特別な教育、休憩設備、作業環境の清掃、作業環境測定、および呼吸用保護具について規定しています。

粉塵の発散を防止もしくは減少させるために、粉塵を除去する設備の基準や管理方法に関する規則が定められています。

粉塵障害防止規則とは別に、じん肺法と呼ばれる法律があります。じん肺法は、1960年に施行され、長期間にわたる粉塵の吸引が肺にどのような影響を及ぼすかを考慮した上で制定されました。

じん肺は、鉱物性のほこりが原因で発生する病気です。鉱物性のほこりは、溶接や採掘、坑内作業、金属の精錬・鋳造・切断などの作業で多く発生します。

じん肺法では、鉱物性のほこりが発生しやすい作業を24種類挙げ、労働者の健康に悪影響がないかを確認するために労働者自身が健康診断を受けることを義務付けています。

粉塵に関する環境汚染についての法律には大気汚染防止法があります。大気汚染防止法は、1968年に制定され、大気汚染を防止し、国民の健康を保護することや、生活環境を保全することを目的としています。

大気汚染防止法では、環境基本法に基づく環境基準を達成するために、工場や事業場などの固定発生源からの大気汚染物質の排出に対する基準を設定しています。

大気汚染物質の排出者は法律に定められた基準を守る義務があります。

粉塵作業を行う上での注意点とは?

粉塵作業とは、細かなほこりや粒子が空気中に滞留している環境での作業のことです。粉塵作業に長い期間従事していると、粉塵が人体に悪影響を与える可能性があります。

人体に与える悪影響が特に大きいものは特定粉塵と呼ばれ、特定粉塵が発生する作業のことを特定粉塵作業と言います。

特定粉塵作業には、トンネル内での岩石破砕作業、建設現場でのコンクリート切削作業や砥石を使用した研磨作業などの鉱石を扱い細かい粉塵が大量に発生するものが該当します。

特定粉塵作業を行う労働者に対して、事業者は労働安全衛生法に基づいた粉塵作業特別教育の受講させることが義務となっています。

粉塵作業特別教育とは、危険性が高い粉塵作業を安全に行うために知識と技術を身に着けるためのものです。この教育を受け、修了証を取得した者は特定粉塵作業者となり、一定の教育を受けたものとして業務に従事できます。

粉塵特別作業教育では、粉塵の種類、影響、防護方法などを中心に学習します。

粉塵作業において、排気・換気装置や大型集塵機は、作業場の空気質を維持し作業員が粉塵から受ける影響を最小限に抑えるために必要です。

また、排気・換気装置や大型集塵機の設置と定期的な点検は、現場の衛生環境を保つために非常に重要です。

実際に、局所排気装置、プッシュプル型換気装置、及び除塵装置については、労働安全衛生法によって、定期点検や自主点検を行うことが義務付けられています。

排気・換気装置や大型集塵機を点検する際のポイントについても厚生労働省から指針が提示されています。

例えばフードの点検においては、スモークテスターによって白煙を発生させ、空気が吸い込まれる気流を確認します。

白煙がスムーズに吸い込まれない場合は、フードの破損や粉塵の堆積、外気の流入による気流の変化などさまざまなトラブルの可能性があります。

ダクトについては外側から目視によって点検を行います。ダクトを目視した際に、摩耗や腐食によるダクトの破損や接続箇所の緩みや破損がないかどうか確認を行います。

除塵装置についても点検が必要です。除塵装置の点検については、方式によって点検方法が異なります。例えば、ろ過除塵方式については、ダストボックスやろ剤の破損や目詰まりを確認する必要があります。

装置の点検だけでなく、作業をする場所の空気中の粉塵濃度を測定することも法律で定められています。特定粉塵作業を常時行なっている屋内作業場においては、6ヶ月に1度空気中の粉塵濃度の測定を行います。

周期的に濃度を測定することで、作業環境の状態を把握し粉塵対策の改善に役立てることができ、作業者の健康を管理するための指標にもなります。

粉塵濃度の測定については、厚生労働大臣の登録を受けた作業環境測定士が測定するか登録を受けた作業環境測定機関に測定を委託する必要があります。


粉塵に関連する法律は、労働者の健康保護と環境保全を目的としています。主な法律には粉塵障害防止規則、じん肺法、そして大気汚染防止法が含まれます。

粉塵障害防止規則は、建設現場や工場での労働者の健康を保護するために労働安全衛生法の一部として制定されました。粉塵を吸い込むことによる健康被害を防ぐために、粉塵の発散抑制、特別な教育、休憩設備、清掃、環境測定、呼吸用保護具の使用などが規定されています。粉塵によるじん肺を予防するための措置も含まれています。

じん肺法は、鉱物性ほこりによる肺の健康被害を防ぐための法律で、鉱山や溶接、金属精錬、鋳造、切断などで発生する鉱物性ほこりに焦点を当てています。特定粉塵作業者には労働安全衛生法に基づく特別教育を受ける義務があります。

大気汚染防止法は、国民の健康を保護し、環境を保全するために大気汚染物質の排出基準を設定しています。排出者はこれらの基準を守る必要があります。

粉塵作業において、特に特定粉塵作業は注意が必要であり、労働者には粉塵特別教育が提供されます。排気・換気装置や大型集塵機の設置と定期的な点検、粉塵濃度の測定が重要です。点検には様々な装置が使用され、法律で規定された基準に従って行われます。

粉塵濃度の測定は作業環境の健康状態を評価し、労働者の安全を確保するために重要です。このため、登録を受けた作業環境測定士か測定機関によって定期的に行われます。粉塵に関する法律や規制の遵守は、労働者の安全と環境保全に寄与します。

大型集塵機についてもっと詳しく
大型集塵機 完全ガイド
大型集塵機 完全ガイド

メーカー

グラインダー用集塵機が注目されているメーカー3選

電気集塵機が注目されているメーカー3選

フィルター集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

特殊&高性能集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

移動式集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

粉塵集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

工事用集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

小型集塵機が注目されているメーカー

パルスジェット式集塵機が注目されているメーカー

湿式集塵機が注目されているメーカー

メンテナンスでも安心できる集塵機メーカー

サイクロン集塵機で有名な集塵機メーカー3選

大型集塵機で有名な集塵機メーカー3選

歴史が長い集塵機メーカー3選

資本金の大きい集塵機メーカー3選

従業員数の多い集塵機メーカー3選

大型集塵機のおすすめメーカーはどれ?データベースを検索

企業情報

新東工業株式会社の集塵機は対策システムが特徴!

先進技術で環境に貢献する総合プラントエンジニアリングメーカー・富士工機株式会社

ホーコス株式会社は用途別で集塵機を選べる!

特集記事

大型集塵機と除塵装置の違いとは? 除塵装置の種類も紹介

大型集塵機におけるフィルターの役割と形状別・素材別の種類

IPF Japan 2023 国際プラスチックフェアでも注目を浴びた大型集塵機とは

工場内の粉塵を改善しよう!主な対策及び大型集塵機の種類について紹介

集塵機について

切削加工とは? 大型集塵機で健康被害リスクを低減

ウェットスクラバーを導入する際は凍結対策も重要!メンテナンスや凍結対策

溶接ヒュームの危険性とヒューム微粉塵の集塵による利点

排気装置と集塵機の違いは?導入の効果と類似装置を解説

清掃工場の排ガスに関する課題とは?バグフィルター大型集塵機で有害物質を除去

オイルミストが人体や労働環境に与える影響とは?電気式集塵機の利点を解説

有害なヒューム微粉塵には大型集塵機が必須! 集塵機の特徴や選び方を紹介

大型集塵機における排気処理の重要性とは?

コンタミ防止は企業の重要課題!対策には局所クリーンや集塵機がおすすめ

ばいじんを除去して大気汚染を防止!大型集塵機の導入の効果とは

粉体投入時の飛散による課題とは?集塵機能がついた機器を選んでロスを防ぐ

切削加工現場では集塵機による粉塵対策が重要!選び方のポイント

大型集塵機を設置するなら屋外に!屋外に設置する際の課題と対策

工場の油煙対策には大型集塵機が有効!導入事例を紹介

大型集塵機をオーダーメイドする利点は?対応可能なメーカーについて

集塵機の吸引力を左右する要因と大型集塵機・小型集塵機の違い

大型集塵機の気になるランニングコスト!比較的低い種類と削減のポイント

木片粉塵による人体への影響は?効果的な集塵機について

大型集塵機で重要な風量!必要風量の計算方法と風量が下がる原因

大型集塵機のトラブル防止に定期的な点検が重要!主な点検内容と法令

集塵機で過去に発生した事故とは?事故原因と対策

窯業の粉塵対策には大型集塵機が効果的!

大型集塵機における圧力損失の重要性と計算方法について

樹脂製造に大型集塵機がおすすめな理由とは?導入事例も紹介

プリーツフィルターで大型集塵機の効率が上がる?

大型集塵機「ウェットスクラバー」はどう選ぶ?

大型集塵機の差圧の目安は? 差圧が上昇する原因も解説

サイクロン式大型集塵機の原理とは? 主流にならないワケも解説

汎用性の高い大型集塵機バグフィルターの原理を解説

健全な成長を見せる大型集塵機産業! 国内トップシェアメーカーを2社紹介

強力な大型集塵機を選ぶには? 大型集塵機の種類や選び方を解説

バグフィルターの構造を解説! 予測されるトラブルとメンテナンス

バグフィルター集塵機の仕組みとは?逆流による払落し機能とメーカー

パルスジェット式の仕組みとは?集塵機のおすすめメーカーを紹介

除塵と集塵の違いは?大型集塵機選定の注意点やトラブルを紹介

バグフィルター大型集塵機のろ布の寿命は?おすすめメーカーを紹介

工業用集塵機を導入!効果やおすすめ機器・メーカーを紹介します

大型集塵機を導入しよう!種類ごとの仕組みや選定ポイントを解説

大型集塵機の使い方とは?集塵機の主な種類・おすすめメーカー

大型集塵機選びは排気温度が重要!高温ガス対応の集塵機を紹介

粉塵の人体への健康被害とは?大型集塵機の設置で解決!

「粉じん障害防止規則」とは? 大型集塵機の定期点検が重要

大気汚染物質を吸引できる大型集塵機とは?

遠心力集塵・サイクロンの原理とサイクロン式集塵機の用途

大型集塵機は定期的にメンテナンスを実施してトラブルを防ごう!

電気集塵機とは?原理とメリットを解説!

バグフィルター(ろ過式集塵機)とは?仕組みや注意点を解説

湿式スクラバー(洗浄式集塵機)とは?メリット・デメリット

効果絶大!工場での大型集塵機導入事例から学ぶ清潔な作業環境

世界にまたがる市場~集塵機の国内外のメーカーと動向

集塵機の特性にあったサポート体制~営業やエンジニアを支える接客とは

集塵機の営業は特種なプロジェクト~専門性の高い業務機器の営業とは

集塵機には「乾式」と「湿式」がある?「乾式」と「湿式」の違いは

集塵機のメリットとデメリット解説!

集塵機とは?掃除機との違いや集塵機を選ぶ際のポイントを解説!

集塵機の選び方とは?種類別の特長を解説

集塵機の主な4種類について徹底解説!

集塵機で工場の粉塵に関する悩みを解決!おすすめメーカー2選をご紹介

アマノの集塵機は既製品のラインナップが充実!

アコーの集塵機はオーダーメイドでお悩みを解決!

サイクロン集塵機の特長とは?おすすめメーカー2選をご紹介

スクラバー(湿式集塵機)の特長とは?おすすめ湿式集塵機メーカー2選をご紹介

バグフィルターの特長とは?おすすめの集塵機メーカー2選をご紹介

業務用大型集塵機はどう選ぶ?使用シーンや特徴も詳しく解説!

カテゴリー

メーカー

企業情報

特集記事

集塵機について

アーカイブ

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年04月