【PR】【大型集塵機完全ガイド】おすすめ集塵機メーカー2選

清掃工場の排ガスに関する課題とは?バグフィルター大型集塵機で有害物質を除去

2024/04/24

清掃工場では、ゴミ焼却により有害物質を含む排ガスが発生します。主な有害物質はばいじん、窒素酸化物、ダイオキシン、水銀などで、健康や環境に悪影響を及ぼす可能性があります。法定基準を満たすため、バグフィルターなどの装置を使って有害物質を取り除きますが、メンテナンスが欠かせません。除去率は装置ごとに異なります。

清掃工場の排ガスの特徴と規制

日常生活で発生するゴミを焼却する清掃工場では、有害物質を含んだ排ガスの処理が重要です。清掃工場で発生する排ガスに含まれる有害物質やその特徴についてご紹介します。

◇清掃工場で発生するさまざまな有害物質

清掃工場では日夜、さまざまなゴミを焼却し、その過程でガスやチリ、ニオイが発生します。これらに対する対策が不可欠です。さらに、騒音や振動も問題とされており、清掃工場の運営には周辺地域や環境への配慮が求められます。

ここでは、排ガスに含まれる主な有害物質について説明します。

ばいじん

ゴミの焼却により発生する煤や塵など、微小な粒子の総称です。これらは肺の奥深くに侵入しやすく、呼吸器系の疾患のリスクを増加させる可能性があります。

窒素酸化物(NOx)

この物質は喘息の発作を引き起こすことがあり、呼吸器系の疾患にも関連しています。また、オゾン層の破壊など環境に対する影響も懸念されます。

塩化水素、硫黄酸化物(SOx)

酸性ガスと総称され、酸性雨の原因となることがあります。また、窒素酸化物と同様に呼吸器系に悪影響を及ぼす可能性があります。

ダイオキシン

不完全な燃焼により発生する毒性の高い物質で、発がん性があるとされています。また、免疫系や生殖系への悪影響も懸念される物質です。

水銀

神経系に対して極めて有害で、特に子どもへの影響が深刻です。水に溶け出して魚類に蓄積されることから、人間がこれらを摂取することにより健康被害が発生する可能性があります。

◇焼却施設の排ガスの規制

ゴミ焼却施設からの排出されるガスに含まれる有害物質には、法律で定められた適正な濃度や量が存在します。そのため、清掃工場では有害物質の種類や量を把握し、基準を満たす適切な処理装置の選定と環境の構築が重要です。

清掃工場の排ガスに関する課題

ゴミ焼却の清掃工場では過去、水銀の濃度が自主規制値を超えたこともあり、排ガスに関する課題が存在しています。

◇清掃工場で水銀排ガス事故が多発

2014年度に発表された国内における水銀の大気排出量の内、3分の1にあたる33%が、ゴミ焼却施設などの清掃工場から排出されていることがわかりました。

東京23区のゴミを焼却処理する東京23区清掃一部事務組合では、2010年から2016年にかけて、水銀の自主規制値を超える水銀汚染事故が計18回起きています。
これは、プラスチックゴミに紛れたボタン型電池や体温計など、水銀が混入した製品を一緒に燃やしていたからだと考えられています。

出典元:ビジネスジャーナル

◇水銀を始めとした排ガスに関する課題

清掃工場における排ガスには、水銀だけでなくダイオキシンも多く含まれています。ダイオキシンは重大な環境問題とされており、厳しい排出基準が設けられています。さらに、2002年には一酸化炭素の排出基準も導入され、これらの有害物質の濃度削減が必須となっています。

しかしながら、ダイオキシン濃度や一酸化炭素濃度は、清掃工場の規模や焼却施設の能力に依存しないことが分かっており、どちらの濃度も既定の基準値を下回ることが求められています。

さまざまな排ガス処理方法

排ガスの処理方法はさまざまありますが、バグフィルターを用いた際の設備の一部をご紹介します。

バグフィルター大型集塵機で排ガスの有害物質を除去

清掃工場では、さまざまな有害物質を含む排ガスの処理が求められています。そこで、バグフィルターを使った大型集塵機を導入し、有害物質を除去、清浄な空気を放出するようになってきました。

減温塔

減温塔は、排ガスの温度を150℃近くまで下げる装置です。800℃以上の高温の排ガスを冷却することで、ダイオキシン類の再合成を防ぎます。

バグフィルター

バグフィルターは、繊維素材の袋(フィルターバッグ)を使用して排ガス中の固形粒子やダストを捕集する装置です。特に、ばいじんやダイオキシン類のような有害な微粒子の捕集に非常に効果的であり、大幅な濃度低減が期待できます。

脱硝反応塔

脱硝反応塔は、排ガス中の窒素酸化物を減少させるために使用される装置です。この塔内で特定の化学反応が促進され、窒素酸化物が窒素と水に分解されることで、排出されるガスの環境への影響を大幅に軽減します。

◇ゴミ焼却清掃工場で活用が進むバグフィルター

バグフィルターは、ゴミ焼却清掃工場における活用が進んでいます。これは、バグフィルターがもつ高い粒子捕集能力により、有害物質の排出基準を満たすのに効率的な処理能力をもっているためです。


バグフィルターは、特殊なフィルターに有害物質を含んだ排ガスを通すことで、排ガス内に含まれる塵やダイオキシンなどを捕集し、クリーンな空気を作ります。
フィルターの形状や構造も様々あり、またフィルターの素材を変えることで、高温の排ガスにも耐えられるなど、用途に応じた使い分けも可能です。目的に応じて柔軟な選択ができるため、活用が進んでいると考えられます。

◇バグフィルター式集塵機の特徴

バグフィルターの構造は、機械の内部に円筒状や平板状に加工されたフィルター(ろ布)が設置され、排ガスなどをフィルターに通すことで、内部に含まれる塵や有害物質を取り除き、クリーンなガスを外部に排出します。

バグフィルター式集塵機の肝となるフィルターで使用される素材は様々です。主流はポリエステルやコットンですが、ナイロン、ガラス繊維、ポリイミドなども使われています。これらは排ガス内に含まれる有害物質の性質に応じた使い分けが可能です。


そのため、バグフィルター式集塵機の導入において、特定の物質の除去には役立つものの、すべてにおいて万全という訳ではないことには注意が必要です。

バグフィルター式集塵機の効率を高めるためには、フィルターの目詰まりを防ぐメンテナンスが欠かせません。また、フィルターの破損や劣化は、有害物質を含んだ排ガスを排出することにもつながるため、日々のメンテナンスが欠かせない点は、デメリットとしてあげられます。

◇ゴミ焼却清掃工場での除去率

ゴミ焼却清掃工場におけるバグフィルターの除去率は、自治体や導入している設備によって変化するため、一概には断定することはできません。
ただし、バグフィルターのスペックによっては、有害物質の除去率は90%以上を超えることが多く、排ガスの濾過において非常に重要な役割を持っているといえます。


清掃工場では、ゴミ焼却により排ガスが発生し、その中には有害物質が含まれます。主な有害物質には、ばいじん、窒素酸化物、塩化水素、硫黄酸化物、ダイオキシン、水銀などがあります。これらの有害物質は、健康や環境に悪影響を与える可能性があります。

清掃工場では、法律で定められた排出基準に合わせるため、バグフィルターなどの処理装置を導入しています。

バグフィルターは、有害物質を含む排ガスを除去し、クリーンな空気を放出します。しかし、メンテナンスが重要であり、除去率は導入する設備によって異なります。

大型集塵機完全ガイドでは、塵機・集塵機メーカーの選び方を徹底解説しています。ぜひ他の記事もご覧ください。

大型集塵機についてもっと詳しく
大型集塵機 完全ガイド
大型集塵機 完全ガイド

メーカー

グラインダー用集塵機が注目されているメーカー3選

電気集塵機が注目されているメーカー3選

フィルター集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

特殊&高性能集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

移動式集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

粉塵集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

工事用集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

小型集塵機が注目されているメーカー

パルスジェット式集塵機が注目されているメーカー

湿式集塵機が注目されているメーカー

メンテナンスでも安心できる集塵機メーカー

サイクロン集塵機で有名な集塵機メーカー3選

大型集塵機で有名な集塵機メーカー3選

歴史が長い集塵機メーカー3選

資本金の大きい集塵機メーカー3選

従業員数の多い集塵機メーカー3選

大型集塵機のおすすめメーカーはどれ?データベースを検索

企業情報

新東工業株式会社の集塵機は対策システムが特徴!

先進技術で環境に貢献する総合プラントエンジニアリングメーカー・富士工機株式会社

ホーコス株式会社は用途別で集塵機を選べる!

特集記事

大型集塵機と除塵装置の違いとは? 除塵装置の種類も紹介

大型集塵機におけるフィルターの役割と形状別・素材別の種類

IPF Japan 2023 国際プラスチックフェアでも注目を浴びた大型集塵機とは

工場内の粉塵を改善しよう!主な対策及び大型集塵機の種類について紹介

集塵機について

切削加工とは? 大型集塵機で健康被害リスクを低減

ウェットスクラバーを導入する際は凍結対策も重要!メンテナンスや凍結対策

溶接ヒュームの危険性とヒューム微粉塵の集塵による利点

排気装置と集塵機の違いは?導入の効果と類似装置を解説

清掃工場の排ガスに関する課題とは?バグフィルター大型集塵機で有害物質を除去

オイルミストが人体や労働環境に与える影響とは?電気式集塵機の利点を解説

有害なヒューム微粉塵には大型集塵機が必須! 集塵機の特徴や選び方を紹介

大型集塵機における排気処理の重要性とは?

コンタミ防止は企業の重要課題!対策には局所クリーンや集塵機がおすすめ

ばいじんを除去して大気汚染を防止!大型集塵機の導入の効果とは

粉体投入時の飛散による課題とは?集塵機能がついた機器を選んでロスを防ぐ

切削加工現場では集塵機による粉塵対策が重要!選び方のポイント

大型集塵機を設置するなら屋外に!屋外に設置する際の課題と対策

工場の油煙対策には大型集塵機が有効!導入事例を紹介

大型集塵機をオーダーメイドする利点は?対応可能なメーカーについて

集塵機の吸引力を左右する要因と大型集塵機・小型集塵機の違い

大型集塵機の気になるランニングコスト!比較的低い種類と削減のポイント

木片粉塵による人体への影響は?効果的な集塵機について

大型集塵機で重要な風量!必要風量の計算方法と風量が下がる原因

大型集塵機のトラブル防止に定期的な点検が重要!主な点検内容と法令

集塵機で過去に発生した事故とは?事故原因と対策

窯業の粉塵対策には大型集塵機が効果的!

大型集塵機における圧力損失の重要性と計算方法について

樹脂製造に大型集塵機がおすすめな理由とは?導入事例も紹介

プリーツフィルターで大型集塵機の効率が上がる?

大型集塵機「ウェットスクラバー」はどう選ぶ?

大型集塵機の差圧の目安は? 差圧が上昇する原因も解説

サイクロン式大型集塵機の原理とは? 主流にならないワケも解説

汎用性の高い大型集塵機バグフィルターの原理を解説

健全な成長を見せる大型集塵機産業! 国内トップシェアメーカーを2社紹介

強力な大型集塵機を選ぶには? 大型集塵機の種類や選び方を解説

バグフィルターの構造を解説! 予測されるトラブルとメンテナンス

バグフィルター集塵機の仕組みとは?逆流による払落し機能とメーカー

パルスジェット式の仕組みとは?集塵機のおすすめメーカーを紹介

除塵と集塵の違いは?大型集塵機選定の注意点やトラブルを紹介

バグフィルター大型集塵機のろ布の寿命は?おすすめメーカーを紹介

工業用集塵機を導入!効果やおすすめ機器・メーカーを紹介します

大型集塵機を導入しよう!種類ごとの仕組みや選定ポイントを解説

大型集塵機の使い方とは?集塵機の主な種類・おすすめメーカー

大型集塵機選びは排気温度が重要!高温ガス対応の集塵機を紹介

粉塵の人体への健康被害とは?大型集塵機の設置で解決!

「粉じん障害防止規則」とは? 大型集塵機の定期点検が重要

大気汚染物質を吸引できる大型集塵機とは?

遠心力集塵・サイクロンの原理とサイクロン式集塵機の用途

大型集塵機は定期的にメンテナンスを実施してトラブルを防ごう!

電気集塵機とは?原理とメリットを解説!

バグフィルター(ろ過式集塵機)とは?仕組みや注意点を解説

湿式スクラバー(洗浄式集塵機)とは?メリット・デメリット

効果絶大!工場での大型集塵機導入事例から学ぶ清潔な作業環境

世界にまたがる市場~集塵機の国内外のメーカーと動向

集塵機の特性にあったサポート体制~営業やエンジニアを支える接客とは

集塵機の営業は特種なプロジェクト~専門性の高い業務機器の営業とは

集塵機には「乾式」と「湿式」がある?「乾式」と「湿式」の違いは

集塵機のメリットとデメリット解説!

集塵機とは?掃除機との違いや集塵機を選ぶ際のポイントを解説!

集塵機の選び方とは?種類別の特長を解説

集塵機の主な4種類について徹底解説!

集塵機で工場の粉塵に関する悩みを解決!おすすめメーカー2選をご紹介

アマノの集塵機は既製品のラインナップが充実!

アコーの集塵機はオーダーメイドでお悩みを解決!

サイクロン集塵機の特長とは?おすすめメーカー2選をご紹介

スクラバー(湿式集塵機)の特長とは?おすすめ湿式集塵機メーカー2選をご紹介

バグフィルターの特長とは?おすすめの集塵機メーカー2選をご紹介

業務用大型集塵機はどう選ぶ?使用シーンや特徴も詳しく解説!

カテゴリー

メーカー

企業情報

特集記事

集塵機について

アーカイブ

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年04月