【PR】【大型集塵機完全ガイド】おすすめ集塵機メーカー2選

窯業の粉塵対策には大型集塵機が効果的!

2024/02/21

窯業での作業は粉塵を伴い、その健康への悪影響が深刻です。この問題に対処するために、大型集塵機が効果的な解決策として注目されています。特にウェットスクラバーやバグフィルターなどのタイプは、粉塵や有害ガスを効果的に除去し、作業環境を改善するのに役立ちます。

そのため、窯業現場において大型集塵機の導入は、安全性の向上と作業環境の改善に大きく貢献します。

窯業で生じる粉塵の危険性

窯業は、陶器やレンガなどの製造する工業を指しますが、作業中に発生する粉塵には注意が必要です。その危険性について考察してみましょう。

◇窯業とは

窯業とは、非金属原料である土やケイ砂などを高温で処理して、陶磁器、ガラス、セメント、レンガなどのセラミックス製品を製造する工業を指します。主に二酸化ケイ素、炭酸カルシウム、ケイ酸塩鉱物などを原料として使用し、高温で焼成して製品を作り出します。このプロセスに窯が使用されるため、この産業は窯業と呼ばれます。伝統的に薪炭や石炭が燃料として使われてきましたが、近年では石油を使用するボイラーや電気窯が普及しています。

また、窯業系サイディング材と呼ばれる建築材料も広まっており、その特長である工期の速さや意匠性の高さ、大工や左官職人の不足、施工品質の安定性を求める市場環境の影響から、戸建て住宅の外壁のシェアが7割にまで拡大しています。

◇窯業粉塵の危険性

窯業における粉塵の中で、特に「遊離珪酸」は「じん肺症」のリスクを引き起こす可能性があります。この「じん肺症」とは、待機中に浮遊する微粒子を吸入することで生じる肺の病気です。主に粉じんを吸入する労働環境で発症し、職業性疾患として分類されます。病気の発症には吸入される粉じんの量によりますが、一般的には長期間を要します。

初期の症状としては、息切れや咳、痰の増加などがありますが、病気が進行すると肺組織が破壊され、呼吸困難を引き起こすことがあります。また、気管支炎や肺がん、気胸などの合併症にかかりやすくなるため、注意が必要です。

粉じん作業を行っているときには、じん肺の症状が数年から十数年かけてゆっくりと進行していくことがありますが、数年から十数年かかることがあります。そのため、窯業は特に危険性が高いと見なされ「特定粉じん作業」として認定されています。

労働安全衛生法のじん肺法に基づき、特定粉じん作業者以外の従事者にも粉じん作業者にも適切な教育を実施しなければならないと規定されています。

窯業に求められる粉塵対策

これまで解説した通り、粉塵を長期的に吸入し続けると、安全性と健康面の観点から重大な問題が生じるため、適切な粉塵対策が必要不可欠です。以下では、窯業における粉塵対策について解説します。

◇粉塵対策における3つのポイント

粉塵対策の具体的なポイントは以下の通りです。

粉塵発生の抑制

工場の配置見直しにより、粉塵発生工程と非発生工程を分離し、施設内での粉塵発生を最小限に抑えています。さらに、粉塵が発生する機器を密閉し、原料や製品の出入口にはビニールカバーや蓋を設置して外部漏れを防止する策などを講じています。

粉塵吸入の防止

作業手順や原材料の見直し、工程の自動化や遠隔操作を導入することで、作業者が直接作業に従事する必要をなくし、粉塵の吸入を防止する環境を整えています。さらに、粉塵発生源となる設備にはフードを取り付け、そこから空気を吸引して粉塵を効果的に抑制する対策も施しています。

大型集塵機は、フード、ダクト、除塵装置、ファン、排気口などから構成され、作業現場の空間に送気と吸気を利用して空気の流れを整え、粉塵発生源から発生する粉塵をその気流で捉え、特定の方向に排出することができます。これにより、粉塵の生成と広がりを効果的に管理し、作業環境を安全に維持しています。

粉塵拡散の防止

粉塵が放散すると、屋内の窓枠などに堆積しやすく、人の活動によって再び拡散されてしまいます。そのため、窓枠に傾斜をつけることで粉塵の堆積を減らし、床や壁の接合部も直角ではなく丸みを持たせ、掃除しやすいように工夫します。

粉塵の広がりを抑える方法としては、「湿式法」がとても有効です。加工時に水や油をノズルなどから散布することで、粉塵の放散を防ぐことができます。さらに、粉塵を吸着しやすくする粉塵防止剤をミストなどで散布しておくことも、粉塵の広がりを抑制するのに役立ちます。

◇安全教育の重要性

作業者は粉塵を防止するための安全教育を受け、適切な知識を習得する必要があります。事業者は労働者が「特定粉じん作業」に関わる場合、粉じん作業特別教育を受講させる責務を負います。

粉塵の舞っている環境下で吸入を防ぐためには、呼吸用保護具の着用が最も有効です。近年では、電動ファンが搭載された呼吸用保護具が普及しており、その高い性能と快適な呼吸性から、他のマスクよりも積極的に採用されています。厚生労働省が推進する「第9次粉じん障害防止総合対策」でも、電動ファン付き呼吸用保護具の活用が推奨されています。

大型集塵機で窯業の粉塵対策

大型集塵機は効果的な粉塵対策の一環として注目されています。窯業の粉塵対策に役立つ大型集塵機の種類や、導入事例についてご紹介します。

◇窯業の粉塵対策に役立つ大型集塵機

大型集塵機には様々な種類がありますが、粉体爆発の危険が少ないウェットスクラバーと、排ガス中の粉塵対策に有効なバグフィルタータイプについて解説します。

ウェットスクラバー

ウェットスクラバーは、洗浄塔や循環タンク、ポンプ、これらを接続する循環・供給配管、そして排気ファンから構成されています。気体と洗浄液を気液接触させ、排気中のガスや粒子を効果的に除去する仕組みです。特に水に可溶な無機系ガスや親水性VOCガスに対して有効です。

循環タンクからポンプで汲み上げた洗浄液は、洗浄塔内のスプレーノズルから散布されます。排ガスが洗浄塔内部を通過する際に、散布された洗浄液とガスが気液で接触し、排ガスの処理が行われます。処理が終わった洗浄液は循環タンクに戻され、このサイクルが繰り返されることで排ガスの処理が行われます。

バグフィルター

バグフィルターは、排ガス中の粉塵を濾過して集じんする大型集塵機であり、濾過式の仕組みを採用しています。バグフィルターは、ろ布の素材を変更することで、さまざまな温度や性質の粉塵に対応できます。一般的に、ポリエステルやコットンがろ布の素材として使用されますが、ナイロンやガラス繊維製のろ布も利用されています。

バグフィルターの内部には、円筒状または平板状に加工されたろ布が吊り下げられています。排ガス中の粉塵がろ布を通過すると、ろ布の表面に粉塵が付着し、清浄されたガスが外部に排出される仕組みです。

◇窯業のにおける大型集塵機の導入事例

廃プラスチックや廃タイヤを燃料とする「焼成工程」において、粉塵や悪性のガスの発生が課題となっている窯業施設がありました。従来のバグフィルターでは粉塵の回収は可能でしたが、悪性のガスの除去が困難でした。

そこで、アコー社の「ウェットスクラバー(大型集塵機)」を導入することで、酸性ガスの安全な吸収を実現しました。また、円柱状の構造とFRP素材の使用により、腐食を防止し、排水処理設備を活用することでメンテナンスの手間を軽減。点検口の設置によって、内部の清掃やメンテナンスを容易に行うことができるようになりました。


窯業における粉塵は、特に「遊離珪酸」がじん肺症のリスクを引き起こす可能性があります。この病気は吸入された微粒子によって肺が損傷され、呼吸困難や他の合併症を引き起こす恐れがあります。窯業では、粉塵を抑制し、吸入を防止するための対策が重要です。

これには工場のレイアウトの見直しや、大型集塵機の導入が含まれます。大型集塵機は、ウェットスクラバーやバグフィルターなどのタイプがあり、粉塵や有害ガスの除去に効果的です。 具体的な事例では、焼成工程でのウェットスクラバーの導入が、安全なガス処理とメンテナンスの容易性を実現しました。窯業では、粉塵対策の重要性を理解し、適切な対策を講じることが必要です。

大型集塵機についてもっと詳しく
大型集塵機 完全ガイド
大型集塵機 完全ガイド

メーカー

グラインダー用集塵機が注目されているメーカー3選

電気集塵機が注目されているメーカー3選

フィルター集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

特殊&高性能集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

移動式集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

粉塵集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

工事用集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

小型集塵機が注目されているメーカー

パルスジェット式集塵機が注目されているメーカー

湿式集塵機が注目されているメーカー

メンテナンスでも安心できる集塵機メーカー

サイクロン集塵機で有名な集塵機メーカー3選

大型集塵機で有名な集塵機メーカー3選

歴史が長い集塵機メーカー3選

資本金の大きい集塵機メーカー3選

従業員数の多い集塵機メーカー3選

大型集塵機のおすすめメーカーはどれ?データベースを検索

企業情報

新東工業株式会社の集塵機は対策システムが特徴!

先進技術で環境に貢献する総合プラントエンジニアリングメーカー・富士工機株式会社

ホーコス株式会社は用途別で集塵機を選べる!

特集記事

大型集塵機と除塵装置の違いとは? 除塵装置の種類も紹介

大型集塵機におけるフィルターの役割と形状別・素材別の種類

IPF Japan 2023 国際プラスチックフェアでも注目を浴びた大型集塵機とは

工場内の粉塵を改善しよう!主な対策及び大型集塵機の種類について紹介

集塵機について

切削加工とは? 大型集塵機で健康被害リスクを低減

ウェットスクラバーを導入する際は凍結対策も重要!メンテナンスや凍結対策

溶接ヒュームの危険性とヒューム微粉塵の集塵による利点

排気装置と集塵機の違いは?導入の効果と類似装置を解説

清掃工場の排ガスに関する課題とは?バグフィルター大型集塵機で有害物質を除去

オイルミストが人体や労働環境に与える影響とは?電気式集塵機の利点を解説

有害なヒューム微粉塵には大型集塵機が必須! 集塵機の特徴や選び方を紹介

大型集塵機における排気処理の重要性とは?

コンタミ防止は企業の重要課題!対策には局所クリーンや集塵機がおすすめ

ばいじんを除去して大気汚染を防止!大型集塵機の導入の効果とは

粉体投入時の飛散による課題とは?集塵機能がついた機器を選んでロスを防ぐ

切削加工現場では集塵機による粉塵対策が重要!選び方のポイント

大型集塵機を設置するなら屋外に!屋外に設置する際の課題と対策

工場の油煙対策には大型集塵機が有効!導入事例を紹介

大型集塵機をオーダーメイドする利点は?対応可能なメーカーについて

集塵機の吸引力を左右する要因と大型集塵機・小型集塵機の違い

大型集塵機の気になるランニングコスト!比較的低い種類と削減のポイント

木片粉塵による人体への影響は?効果的な集塵機について

大型集塵機で重要な風量!必要風量の計算方法と風量が下がる原因

大型集塵機のトラブル防止に定期的な点検が重要!主な点検内容と法令

集塵機で過去に発生した事故とは?事故原因と対策

窯業の粉塵対策には大型集塵機が効果的!

大型集塵機における圧力損失の重要性と計算方法について

樹脂製造に大型集塵機がおすすめな理由とは?導入事例も紹介

プリーツフィルターで大型集塵機の効率が上がる?

大型集塵機「ウェットスクラバー」はどう選ぶ?

大型集塵機の差圧の目安は? 差圧が上昇する原因も解説

サイクロン式大型集塵機の原理とは? 主流にならないワケも解説

汎用性の高い大型集塵機バグフィルターの原理を解説

健全な成長を見せる大型集塵機産業! 国内トップシェアメーカーを2社紹介

強力な大型集塵機を選ぶには? 大型集塵機の種類や選び方を解説

バグフィルターの構造を解説! 予測されるトラブルとメンテナンス

バグフィルター集塵機の仕組みとは?逆流による払落し機能とメーカー

パルスジェット式の仕組みとは?集塵機のおすすめメーカーを紹介

除塵と集塵の違いは?大型集塵機選定の注意点やトラブルを紹介

バグフィルター大型集塵機のろ布の寿命は?おすすめメーカーを紹介

工業用集塵機を導入!効果やおすすめ機器・メーカーを紹介します

大型集塵機を導入しよう!種類ごとの仕組みや選定ポイントを解説

大型集塵機の使い方とは?集塵機の主な種類・おすすめメーカー

大型集塵機選びは排気温度が重要!高温ガス対応の集塵機を紹介

粉塵の人体への健康被害とは?大型集塵機の設置で解決!

「粉じん障害防止規則」とは? 大型集塵機の定期点検が重要

大気汚染物質を吸引できる大型集塵機とは?

遠心力集塵・サイクロンの原理とサイクロン式集塵機の用途

大型集塵機は定期的にメンテナンスを実施してトラブルを防ごう!

電気集塵機とは?原理とメリットを解説!

バグフィルター(ろ過式集塵機)とは?仕組みや注意点を解説

湿式スクラバー(洗浄式集塵機)とは?メリット・デメリット

効果絶大!工場での大型集塵機導入事例から学ぶ清潔な作業環境

世界にまたがる市場~集塵機の国内外のメーカーと動向

集塵機の特性にあったサポート体制~営業やエンジニアを支える接客とは

集塵機の営業は特種なプロジェクト~専門性の高い業務機器の営業とは

集塵機には「乾式」と「湿式」がある?「乾式」と「湿式」の違いは

集塵機のメリットとデメリット解説!

集塵機とは?掃除機との違いや集塵機を選ぶ際のポイントを解説!

集塵機の選び方とは?種類別の特長を解説

集塵機の主な4種類について徹底解説!

集塵機で工場の粉塵に関する悩みを解決!おすすめメーカー2選をご紹介

アマノの集塵機は既製品のラインナップが充実!

アコーの集塵機はオーダーメイドでお悩みを解決!

サイクロン集塵機の特長とは?おすすめメーカー2選をご紹介

スクラバー(湿式集塵機)の特長とは?おすすめ湿式集塵機メーカー2選をご紹介

バグフィルターの特長とは?おすすめの集塵機メーカー2選をご紹介

業務用大型集塵機はどう選ぶ?使用シーンや特徴も詳しく解説!

カテゴリー

メーカー

企業情報

特集記事

集塵機について

アーカイブ

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年04月