【PR】【大型集塵機完全ガイド】おすすめ集塵機メーカー2選

大型集塵機のトラブル防止に定期的な点検が重要!主な点検内容と法令

2024/02/26

大型集塵機のトラブル防止には定期的な点検が不可欠です。点検を怠ると、労働者の健康を害し、生産工程の低下や突然のトラブル、火災の危険性が高まります。法令により、集塵機の定期点検は義務付けられており、労働安全衛生法に基づき1年ごとの自主点検が必要です。点検内容にはフードやダクト、集じん機などの機能や接続部の確認が含まれます。定期的な点検を通じて、集塵機の安全性と作動状態を確保し、効率的な作業環境を維持することが重要です。

大型集塵機で定期点検が重要な理由

大型集塵機の定期点検は、機器の正常な動作を維持し、安全性を確保するために重要です。定期点検により、機器の効率や性能が低下する前に問題を早期に発見し、予防措置を講じることが可能となります。また、定期点検を通じて、集塵機の耐久性を向上させ、運用コストを最適化することができます。

◇集塵機の定期点検が重要な理由

大型集塵機を点検するメリットとしては、以下の5つがあります。それぞれご紹介します。

労働者の健康を保護

大型集塵機は、工場や事業所の内部の空気を清浄に保つ役割を果たしています。作業環境の快適さは最も重要で、定期的なメンテナンスが行われないと、集塵効率が低下します。性能が損なわれ、作業環境の悪化に繋がります。

生産工程の低下

定期点検が適切に行われないと、大型集塵機の性能が低下してしまいます。その結果、余分な人手や手間が発生し、生産効率が低下する可能性もあります。定期点検を行うことで、消耗品の交換時期や必要数を予測し、消耗部品を適切なタイミングで交換することが重要です。これにより、装置を安定した状態で運転することができます。点検は余分な作業や工程を増やさないためにも必要です。

突然のトラブルによる破損のリスク回避

大型集塵機の運転に不具合が生じている場合、故障や部品の劣化が懸念されます。これを放置すると大きな損害や事故につながる可能性があります。定期的な点検により早期に問題を発見し、不要なコスト発生を防ぐことにも役立ちます。

火災の発生を予防

火花が飛んだ場合、粉塵が燃え広がって火災の危険性が高まります。また、ダクト内に詰まった粉塵は粉塵爆発のリスクを増加させます。火災は最悪の場合、工場全体が焼失する可能性があります。大型集塵機を安全・安心かつ効率的に運用するためには、不具合や故障が発生する前に定期的に点検することが大切です。

◇定期点検を怠ったらどうなる?

定期点検を怠ると、大型集塵機に汚れが蓄積していき、機器の劣化を早める可能性があります。汚れがファンやポンプに付着すると、負荷が増加して装置の効果や効率が低下します。定期点検を行うことで、不具合を早期に発見でき、思わぬ事故や故障も防ぐことができるのです。作業者の健康と安全を守るためにも、定期点検は欠かせません。

集塵機の定期点検は義務!法令と点検内容について

集塵機の定期点検は法令に基づく義務であり、適切な点検が極めて重要です。労働安全衛生法や関連する規制により、定期点検が義務付けられており、これを遵守することは作業環境の安全性や労働者の健康を保護する上で欠かせません。

◇集塵機の定期的な検査に関する法令

労働安全衛生法に基づき、局所排気装置、プッシュプル型換気装置、除じん装置などの換気設備は、1年ごとに1回の自主点検を義務付けられています。点検時には、作業者は点検内容を記録し、これを3年間保存しなければなりません。もし規定を遵守しない場合、最高50万円以下の罰金が科されます。ただし、1年以上使用されていない換気装置については、再度使用する前に自主点検を行う必要があります。

◇定期自主検査で確認すべき内容とは

集塵装置の定期自主検査には、以下の項目を確認する必要があります。準備すべき測定器や器具についても示します。

フード

キャビネットや操作口に磨耗や損傷がないか
フリーエアの吸気が低下していないか、風速が1m/s以上か

ダクト

風管やダクトに磨耗や損傷がないか、粉じんが堆積していないか
接続部の緩みや破損、パッキンの劣化を確認

集じん機

ダスト布や取付状態に破損や劣化がないか、湿りがないか
外観や内部に磨耗や損傷、粉じんの堆積がないか

ファン・ブロア

騒音や振動に異常がないか
外観や内部に磨耗や損傷、粉じんの堆積がないか
ベルトが適切に作動しているか

必要な測定器や器具は以下の通りです

必ず準備すべきもの

・スモークテスター
・熱線風速計や直読式の風速計
・ピトー管やマノメータ
・温度計
・テスター
・スケール
・手回り工具
・テンションメータ
・聴音器またはベアリングチェッカー
・絶縁抵抗計

必要に応じて準備すべきもの

・微差圧計
・テストハンマー又は木ハンマー
・振動計
・粉じんやガスの濃度測定器
・回転計
・クランプメーターや検電器
・その他(超音波厚さ計、特殊冶具など)

これらの検査と測定を通じて、集塵装置の正常な機能と作動状態を確保し、安全性を確認します。

集塵機を点検する際のポイント

集塵機を点検する際には、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。これらのポイントを把握することは、集塵機の性能や安全性を確保し、効率的な作業環境を維持する上で不可欠です。

◇囲いフードの場合

囲いフードは、有害物の発生源をフードで囲んでいる装置で、有機溶剤の制御風速は毎秒0.4m以上、粉塵の制御風速は毎秒0.7〜1.0m以上です。囲いフードの測定位置はフードの開口部で、具体的には、開口部を1辺30〜50cmの正方形に分けて、2ヵ所以上でそれぞれの中央で測定します。

一般的に、囲いフードは外部の気流の影響を受けにくいと言われていますが、それでも注意が必要です。作業中に異臭が感じたり、作業場に粉塵が溜まっている場合などは、制御風速が満たされていない可能性があります。

◇ダクト及び集塵装置の点検

ダクトは全体を目視で検査し、変形や破損、腐食の状態を点検するのがポイントです。接続部の締め付けボルトやナット、ガスケットなどが破損・欠落していないか、また片締めや配管取り付け部の緩みがないかをスパナなどを使って調べます。

集塵装置の点検では、作動させた上で、スモークテスターを使用してガスケット部や接続部における空気の漏れや流入がないかを確認します。

◇その他の確認ポイント

主な点検箇所は、継手や接合部、原料投入口や製品取り出し口の蓋部分などです。粉塵の発生源を封じている設備では、粉塵の漏れがないかなどを確認します。また、散水設備を使用し、粉塵対策を行っている場合は、適切な圧力で必要な量の水を発塵源に供給することが重要です。日常点検では、発塵源が湿潤な状態に保たれているかどうかを確認する必要があります。


大型集塵機の定期点検は、機器の正常な動作を保ち、安全性を確保するために不可欠です。定期点検により、機器の効率や性能低下を早期に発見し、予防措置を講じることが可能です。労働者の健康を保護し、生産工程の低下を防ぎ、突然のトラブルや火災のリスクを回避するためにも、定期点検は重要です。

定期点検を怠ると、機器の劣化が早まり、作業環境の悪化や事故の発生リスクが高まります。法令に基づく義務であるため、定期点検を遵守することは必須です。集塵機を点検する際には、囲いフードやダクト、集塵装置などの重要ポイントを注意深く確認する必要があります。これらの点検を通じて、集塵装置の正常な機能と安全性を確保し、作業環境を効率的に維持します。

大型集塵機についてもっと詳しく
大型集塵機 完全ガイド
大型集塵機 完全ガイド

メーカー

グラインダー用集塵機が注目されているメーカー3選

電気集塵機が注目されているメーカー3選

フィルター集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

特殊&高性能集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

移動式集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

粉塵集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

工事用集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

小型集塵機が注目されているメーカー

パルスジェット式集塵機が注目されているメーカー

湿式集塵機が注目されているメーカー

メンテナンスでも安心できる集塵機メーカー

サイクロン集塵機で有名な集塵機メーカー3選

大型集塵機で有名な集塵機メーカー3選

歴史が長い集塵機メーカー3選

資本金の大きい集塵機メーカー3選

従業員数の多い集塵機メーカー3選

大型集塵機のおすすめメーカーはどれ?データベースを検索

企業情報

新東工業株式会社の集塵機は対策システムが特徴!

先進技術で環境に貢献する総合プラントエンジニアリングメーカー・富士工機株式会社

ホーコス株式会社は用途別で集塵機を選べる!

特集記事

大型集塵機と除塵装置の違いとは? 除塵装置の種類も紹介

大型集塵機におけるフィルターの役割と形状別・素材別の種類

IPF Japan 2023 国際プラスチックフェアでも注目を浴びた大型集塵機とは

工場内の粉塵を改善しよう!主な対策及び大型集塵機の種類について紹介

集塵機について

切削加工とは? 大型集塵機で健康被害リスクを低減

ウェットスクラバーを導入する際は凍結対策も重要!メンテナンスや凍結対策

溶接ヒュームの危険性とヒューム微粉塵の集塵による利点

排気装置と集塵機の違いは?導入の効果と類似装置を解説

清掃工場の排ガスに関する課題とは?バグフィルター大型集塵機で有害物質を除去

オイルミストが人体や労働環境に与える影響とは?電気式集塵機の利点を解説

有害なヒューム微粉塵には大型集塵機が必須! 集塵機の特徴や選び方を紹介

大型集塵機における排気処理の重要性とは?

コンタミ防止は企業の重要課題!対策には局所クリーンや集塵機がおすすめ

ばいじんを除去して大気汚染を防止!大型集塵機の導入の効果とは

粉体投入時の飛散による課題とは?集塵機能がついた機器を選んでロスを防ぐ

切削加工現場では集塵機による粉塵対策が重要!選び方のポイント

大型集塵機を設置するなら屋外に!屋外に設置する際の課題と対策

工場の油煙対策には大型集塵機が有効!導入事例を紹介

大型集塵機をオーダーメイドする利点は?対応可能なメーカーについて

集塵機の吸引力を左右する要因と大型集塵機・小型集塵機の違い

大型集塵機の気になるランニングコスト!比較的低い種類と削減のポイント

木片粉塵による人体への影響は?効果的な集塵機について

大型集塵機で重要な風量!必要風量の計算方法と風量が下がる原因

大型集塵機のトラブル防止に定期的な点検が重要!主な点検内容と法令

集塵機で過去に発生した事故とは?事故原因と対策

窯業の粉塵対策には大型集塵機が効果的!

大型集塵機における圧力損失の重要性と計算方法について

樹脂製造に大型集塵機がおすすめな理由とは?導入事例も紹介

プリーツフィルターで大型集塵機の効率が上がる?

大型集塵機「ウェットスクラバー」はどう選ぶ?

大型集塵機の差圧の目安は? 差圧が上昇する原因も解説

サイクロン式大型集塵機の原理とは? 主流にならないワケも解説

汎用性の高い大型集塵機バグフィルターの原理を解説

健全な成長を見せる大型集塵機産業! 国内トップシェアメーカーを2社紹介

強力な大型集塵機を選ぶには? 大型集塵機の種類や選び方を解説

バグフィルターの構造を解説! 予測されるトラブルとメンテナンス

バグフィルター集塵機の仕組みとは?逆流による払落し機能とメーカー

パルスジェット式の仕組みとは?集塵機のおすすめメーカーを紹介

除塵と集塵の違いは?大型集塵機選定の注意点やトラブルを紹介

バグフィルター大型集塵機のろ布の寿命は?おすすめメーカーを紹介

工業用集塵機を導入!効果やおすすめ機器・メーカーを紹介します

大型集塵機を導入しよう!種類ごとの仕組みや選定ポイントを解説

大型集塵機の使い方とは?集塵機の主な種類・おすすめメーカー

大型集塵機選びは排気温度が重要!高温ガス対応の集塵機を紹介

粉塵の人体への健康被害とは?大型集塵機の設置で解決!

「粉じん障害防止規則」とは? 大型集塵機の定期点検が重要

大気汚染物質を吸引できる大型集塵機とは?

遠心力集塵・サイクロンの原理とサイクロン式集塵機の用途

大型集塵機は定期的にメンテナンスを実施してトラブルを防ごう!

電気集塵機とは?原理とメリットを解説!

バグフィルター(ろ過式集塵機)とは?仕組みや注意点を解説

湿式スクラバー(洗浄式集塵機)とは?メリット・デメリット

効果絶大!工場での大型集塵機導入事例から学ぶ清潔な作業環境

世界にまたがる市場~集塵機の国内外のメーカーと動向

集塵機の特性にあったサポート体制~営業やエンジニアを支える接客とは

集塵機の営業は特種なプロジェクト~専門性の高い業務機器の営業とは

集塵機には「乾式」と「湿式」がある?「乾式」と「湿式」の違いは

集塵機のメリットとデメリット解説!

集塵機とは?掃除機との違いや集塵機を選ぶ際のポイントを解説!

集塵機の選び方とは?種類別の特長を解説

集塵機の主な4種類について徹底解説!

集塵機で工場の粉塵に関する悩みを解決!おすすめメーカー2選をご紹介

アマノの集塵機は既製品のラインナップが充実!

アコーの集塵機はオーダーメイドでお悩みを解決!

サイクロン集塵機の特長とは?おすすめメーカー2選をご紹介

スクラバー(湿式集塵機)の特長とは?おすすめ湿式集塵機メーカー2選をご紹介

バグフィルターの特長とは?おすすめの集塵機メーカー2選をご紹介

業務用大型集塵機はどう選ぶ?使用シーンや特徴も詳しく解説!

カテゴリー

メーカー

企業情報

特集記事

集塵機について

アーカイブ

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年04月