【PR】【大型集塵機完全ガイド】おすすめ集塵機メーカー2選

大型集塵機を導入しよう!種類ごとの仕組みや選定ポイントを解説

2023/12/20

大型集塵機は工場や生産施設において、粉塵や汚染物質を効果的に除去するための重要な装置です。しかし、大型集塵機の種類や選定ポイントを理解することは、正しく導入するために不可欠です。以下では、バグフィルター、湿式、サイクロン、電気の4つの大型集塵機の仕組みと、導入時に考慮すべきポイントを解説します。

4種類ある大型集塵機のそれぞれの仕組みとは?

集塵機には用途や仕組みの異なるさまざまな種類が存在します。その中でも大型集塵機で主要な4つの種類について仕組みや特徴を解説します。

◇バグフィルター大型集塵機

バグフィルター大型集塵機は、ガスを含んだ空気をフィルターでろ過し、清浄なガスを排出する仕組みを持っています。フィルターはポリエステルや耐熱ナイロンなどの素材で構成され、逆洗によってダストが除去されます。逆洗により、フィルターの効果が維持され、ダストは定期的に排出されます。

◇湿式大型集塵機

湿式大型集塵機は水を使用して空気中の粒子を捕集する装置です。湿らせた水が粒子を吸収し、有害成分を取り除くことで空気を浄化します。湿式集塵機は火災の危険性が低く、排気音量が少ない特徴があります。静電気の発生を抑え、有害な微粒子やダストを効果的に除去することが可能です。

◇サイクロン大型集塵機

サイクロン大型集塵機はフィルターを使用せず、遠心力によってゴミと空気を分離します。吸引したゴミが円錐内で回転し、重力に従って底に集まります。この仕組みにより、ゴミを捨てる手間が省け、消耗品の必要がありません。遠心力によって効率的にゴミを捕集し、清浄な空気を排出します。

◇電気大型集塵機

電気大型集塵機は、空気中の微粒子に電荷を与え、集塵極に引き寄せる仕組みを持っています。高電圧をかけることでイオンが発生し、これがダストの微粒子に吸着します。その後、引き寄せられたダストが集塵極に集まり、清浄な空気を排出することが可能です。この工程により、効率的なダスト捕集が実現できます。

大型集塵機を選ぶときに検討したいポイント

先ほど解説した通り、粉塵のタイプや用途により適した集塵機が変わります。大型集塵機を選ぶ際は他にも検討すべきポイントがありますので、ご紹介します。

◇粉塵の性質と工場環境の分析を実施

粉塵の性質と工場環境の分析は、大型集塵機の導入において欠かせない重要なステップです。粉塵の性質を理解するには、乾式粉塵、湿式粉塵、高温粉塵、爆発性粉塵、油煙、オイルミストなど、多岐にわたる種類を考慮する必要があります。

それぞれの特性に応じて適切な集塵方法を選定し、工場の具体的な環境条件も考慮に入れることが求められます。この分析を通じて、最適な集塵機とその周辺機器の組み合わせを検討し、粉塵の特性に応じた効果的な対策が必要です。これにより、導入される機器が最大限に効果を発揮し、工場の安全性と生産性が向上することが期待されます。

◇自社現場に適した機能を持つ機種を導入

自社現場に適した大型集塵機を導入する際、まずは粉塵の発生源の特定です。作業工程や機械の動作から発生する粉塵を細かく分析し、どのエリアや装置が特に問題となっているかをピンポイントで把握します。

この段階での正確な特定が、適した機能を持つ機種の導入に繋がります。各機器や機能の導入に際しては、現場スタッフの意見や作業状況を確認し、具体的なニーズに合わせた機種の導入が大切です。現場に適した機種を導入することで、工場の安全性と作業環境が大幅に向上します。

◇設置スペースを確保できるか検討する

工場のスペースは限られており、大型集塵機の設置をする際は、スペースについても慎重に検討が必要です。まず、現場のレイアウトや作業エリアを確認し、粉塵の発生源に最も効果的な配置を検討します。

集塵ブースの有効な利用や伸縮テントの導入によって、スペースを最適化し、コンパクトながら効果的な集塵が可能な環境を構築できるでしょう。特に、伸縮テントを活用することで、必要な時にのみ展開し、使用しない時は収納する柔軟性があります。

これにより、スペースの有効活用だけでなく、コストの最適化にも繋がるでしょう。機器の配置やレイアウト設計においても、工場全体の効率向上を図りつつ、スペースの制約を最小限に抑えることが大切です。結果として、工場の狭いスペースでも大型集塵機を効果的に導入し、作業環境の改善に期待できます。

画像出典先:フォトAC

自社設備への大型集塵機設置を進めよう

大型集塵機の導入にはコストもかかる為、慎重な検討が必要です。ここでは導入に際して必要な確認事項や検討すべきポイントについて解説します。

◇設置場所と環境を確認

部材加工業や金属切削加工業などで発生する粉塵に対して、適切な集塵が不可欠です。まず、設置場所と環境を入念に確認しましょう。例えば、部材加工業では素材の特性に応じて大量の切粉や削粉が発生するため、この特異な環境に適した大型集塵機の設置が必要です。

大型集塵機の導入により、騒音防止対策やゴミ回収の効率化にも留意することが肝要です。また、金属切削加工業では油煙ミストが深刻な問題となるため、ミストコレクターの検討も重要です。ミストコレクターは油煙ミストを回収する装置であり、フィルター式やフィルターレス式、電気集塵式などがあります。このように、現場のニーズに最適な設置場所と環境を確認することが大切です。

◇既製品で対応可能か検討

大型集塵機設置は、性能だけでなく、フードの形状やホースの仕様など様々な種類が存在しています。そのため、既製品が設置場所に対応できるかどうかを確認することが初めの一歩です。特に、単にスペック表の数値だけでなく、具体的な目的や用途を明確にし、最適な集塵装置を選ぶことが肝心です。正確な問題解決を図るには、どのシーンで集塵装置を利用するかを考慮し、慎重に選定していくことが必要です。

◇個別対応を要するならオーダーメイドを検討

自社設備への大型集塵機設置を進める中で、特定の問題に対処するには、既製品では難しい場合があります。例えば、近隣住民からのクレームや粉塵爆発のリスク対策、火災やランニングコストの抑制、スペースの制約などが挙げられます。

こうした課題に対応するためには、オーダーメイドの大型集塵機を検討してみましょう。それぞれの悩みに合わせてオーダーできるため、最適な問題解決に繋がります。様々な要因を考慮し、ニーズに合う集塵機を導入することで、効果的な大型集塵機の導入が実現します。


大型集塵機は、バグフィルター、湿式、サイクロン、電気の4つの主要な種類があります。バグフィルターはガスを含んだ空気をフィルターでろ過し、逆洗によってダストを排出します。湿式集塵機は水を使って粒子を吸収し、火災の危険性が低く、静電気を抑えます。サイクロン集塵機は遠心力でゴミと空気を分離し、消耗品が不要です。電気集塵機は微粒子に電荷を与え、集塵極に引き寄せて効率的にダストを捕集します。

大型集塵機を選ぶ際に検討すべきポイントは、粉塵の性質と工場環境の分析を行うことです。粉塵の種類に合わせて適切な集塵方法を選定し、工場の環境条件を考慮に入れます。また、自社現場のニーズに合った機種を選び、設置スペースを確保できるかを検討します。

さらに、オーダーメイドの集塵機を検討することで、特定の課題に対処できる可能性もあります。要するに、慎重な検討と適切な選定が大型集塵機の導入成功の鍵です。

大型集塵機についてもっと詳しく
大型集塵機 完全ガイド
大型集塵機 完全ガイド

メーカー

グラインダー用集塵機が注目されているメーカー3選

電気集塵機が注目されているメーカー3選

フィルター集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

特殊&高性能集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

移動式集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

粉塵集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

工事用集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

小型集塵機が注目されているメーカー

パルスジェット式集塵機が注目されているメーカー

湿式集塵機が注目されているメーカー

メンテナンスでも安心できる集塵機メーカー

サイクロン集塵機で有名な集塵機メーカー3選

大型集塵機で有名な集塵機メーカー3選

歴史が長い集塵機メーカー3選

資本金の大きい集塵機メーカー3選

従業員数の多い集塵機メーカー3選

大型集塵機のおすすめメーカーはどれ?データベースを検索

企業情報

新東工業株式会社の集塵機は対策システムが特徴!

先進技術で環境に貢献する総合プラントエンジニアリングメーカー・富士工機株式会社

ホーコス株式会社は用途別で集塵機を選べる!

特集記事

大型集塵機と除塵装置の違いとは? 除塵装置の種類も紹介

大型集塵機におけるフィルターの役割と形状別・素材別の種類

IPF Japan 2023 国際プラスチックフェアでも注目を浴びた大型集塵機とは

工場内の粉塵を改善しよう!主な対策及び大型集塵機の種類について紹介

集塵機について

切削加工とは? 大型集塵機で健康被害リスクを低減

ウェットスクラバーを導入する際は凍結対策も重要!メンテナンスや凍結対策

溶接ヒュームの危険性とヒューム微粉塵の集塵による利点

排気装置と集塵機の違いは?導入の効果と類似装置を解説

清掃工場の排ガスに関する課題とは?バグフィルター大型集塵機で有害物質を除去

オイルミストが人体や労働環境に与える影響とは?電気式集塵機の利点を解説

有害なヒューム微粉塵には大型集塵機が必須! 集塵機の特徴や選び方を紹介

大型集塵機における排気処理の重要性とは?

コンタミ防止は企業の重要課題!対策には局所クリーンや集塵機がおすすめ

ばいじんを除去して大気汚染を防止!大型集塵機の導入の効果とは

粉体投入時の飛散による課題とは?集塵機能がついた機器を選んでロスを防ぐ

切削加工現場では集塵機による粉塵対策が重要!選び方のポイント

大型集塵機を設置するなら屋外に!屋外に設置する際の課題と対策

工場の油煙対策には大型集塵機が有効!導入事例を紹介

大型集塵機をオーダーメイドする利点は?対応可能なメーカーについて

集塵機の吸引力を左右する要因と大型集塵機・小型集塵機の違い

大型集塵機の気になるランニングコスト!比較的低い種類と削減のポイント

木片粉塵による人体への影響は?効果的な集塵機について

大型集塵機で重要な風量!必要風量の計算方法と風量が下がる原因

大型集塵機のトラブル防止に定期的な点検が重要!主な点検内容と法令

集塵機で過去に発生した事故とは?事故原因と対策

窯業の粉塵対策には大型集塵機が効果的!

大型集塵機における圧力損失の重要性と計算方法について

樹脂製造に大型集塵機がおすすめな理由とは?導入事例も紹介

プリーツフィルターで大型集塵機の効率が上がる?

大型集塵機「ウェットスクラバー」はどう選ぶ?

大型集塵機の差圧の目安は? 差圧が上昇する原因も解説

サイクロン式大型集塵機の原理とは? 主流にならないワケも解説

汎用性の高い大型集塵機バグフィルターの原理を解説

健全な成長を見せる大型集塵機産業! 国内トップシェアメーカーを2社紹介

強力な大型集塵機を選ぶには? 大型集塵機の種類や選び方を解説

バグフィルターの構造を解説! 予測されるトラブルとメンテナンス

バグフィルター集塵機の仕組みとは?逆流による払落し機能とメーカー

パルスジェット式の仕組みとは?集塵機のおすすめメーカーを紹介

除塵と集塵の違いは?大型集塵機選定の注意点やトラブルを紹介

バグフィルター大型集塵機のろ布の寿命は?おすすめメーカーを紹介

工業用集塵機を導入!効果やおすすめ機器・メーカーを紹介します

大型集塵機を導入しよう!種類ごとの仕組みや選定ポイントを解説

大型集塵機の使い方とは?集塵機の主な種類・おすすめメーカー

大型集塵機選びは排気温度が重要!高温ガス対応の集塵機を紹介

粉塵の人体への健康被害とは?大型集塵機の設置で解決!

「粉じん障害防止規則」とは? 大型集塵機の定期点検が重要

大気汚染物質を吸引できる大型集塵機とは?

遠心力集塵・サイクロンの原理とサイクロン式集塵機の用途

大型集塵機は定期的にメンテナンスを実施してトラブルを防ごう!

電気集塵機とは?原理とメリットを解説!

バグフィルター(ろ過式集塵機)とは?仕組みや注意点を解説

湿式スクラバー(洗浄式集塵機)とは?メリット・デメリット

効果絶大!工場での大型集塵機導入事例から学ぶ清潔な作業環境

世界にまたがる市場~集塵機の国内外のメーカーと動向

集塵機の特性にあったサポート体制~営業やエンジニアを支える接客とは

集塵機の営業は特種なプロジェクト~専門性の高い業務機器の営業とは

集塵機には「乾式」と「湿式」がある?「乾式」と「湿式」の違いは

集塵機のメリットとデメリット解説!

集塵機とは?掃除機との違いや集塵機を選ぶ際のポイントを解説!

集塵機の選び方とは?種類別の特長を解説

集塵機の主な4種類について徹底解説!

集塵機で工場の粉塵に関する悩みを解決!おすすめメーカー2選をご紹介

アマノの集塵機は既製品のラインナップが充実!

アコーの集塵機はオーダーメイドでお悩みを解決!

サイクロン集塵機の特長とは?おすすめメーカー2選をご紹介

スクラバー(湿式集塵機)の特長とは?おすすめ湿式集塵機メーカー2選をご紹介

バグフィルターの特長とは?おすすめの集塵機メーカー2選をご紹介

業務用大型集塵機はどう選ぶ?使用シーンや特徴も詳しく解説!

カテゴリー

メーカー

企業情報

特集記事

集塵機について

アーカイブ

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年04月