【PR】【大型集塵機完全ガイド】おすすめ集塵機メーカー2選

大型集塵機でエアロゾルを除去できる?対応可能機種もご紹介

2024/05/30

エアロゾルは自然発生する花粉やほこりだけでなく、製造現場の粉塵や煙としても発生します。これらは大気中に飛散する100μm以下の粒子で、特に2.5μm以下のものはPM2.5として知られ、大気の清浄度の指標となっています。

製造現場では、エアロゾルが労働環境に悪影響を与えるため、大型集塵機の使用が一般的です。これらの集塵機は、微粒子を効果的に捕集し、職場環境の改善に貢献しています。

エアロゾルとは

エアロゾルは、自然の中で発生する花粉やほこりなどに限らず、製造現場で粉塵や排煙としても発生しています。このエアロゾルとはどのような粒子なのでしょうか。

◇エアロゾルとは

エアロゾルとは花粉やほこり、砂塵、カビの胞子、粉排ガスから発生する煤など大気中に飛散している100μm以下の粒子の総称です。近年ニュースなどで取り上げられるPM2.5の飛散量予測は、2.5μm以下のエアロゾルの飛散量によって提示されている数値であり、大気の清浄度の指標とされています。

そしてエアロゾルの中でもナノ粒子と呼ばれる100nm以下の細かな粒子は、高性能フィルターであるHEPAフィルターなどを用いても除去することができない場合があります。

エアロゾルは人体への影響もあることから、製造現場においては労働環境の改善として大型集塵機などの採用によって対策を行うことが課題となっています。

◇製造現場におけるエアロゾル

製造現場では粉塵やヒューム、煙、ミストといった生成過程の違いやその性状によって発生するエアロゾルが問題となります。しかしそれだけに限らず、製造現場では物を燃焼させる際に発生する排煙やスモッグといったエアロゾルにも注意が必要です。

新型コロナウイルスの感染が拡大していた時期は、エアロゾルも主要な感染経路と見られており、感染防止対策を重視していました。しかし、エアロゾルによる感染は、他の経路と比べて視覚的に捉えにくいため、その対策や再発防止の取り組みが困難であることが課題とされています。

エアロゾルが与える人体へのリスク

画像引用元:Photo AC

エアロゾルは製造ラインにおける加工工程で発生するほか、人体から発せられる咳やくしゃみなどによって飛沫しています。エアロゾルは肺疾患やウイルス感染といった人体への悪影響がリスクとしてあるため注意が必要です。

◇じん肺症リスク

オイルやによってコーティングされた金属が加工される工程や、潤滑剤を使用する工程においては、これらの油が空気中にエアロゾル化して浮遊する可能性があります。特にエアロゾル化したオイルや潤滑剤を吸入してしまうことで、従業員が咳や呼吸困難などの肺疾患を起こしてしまうリスクがあります。

◇感染症リスク

日常で私たちが無意識に行う咳やくしゃみによってもエアロゾルが発生し、これらは感染症のリスクとなるため注意が必要です。

まず咳やくしゃみをすることで5μm以上の大きさである飛沫が発生します。この飛沫から水分が蒸発し、5μm以下の細かい飛沫核として空気の流れにより広範に飛散するのです。

口から出て飛沫した唾液の大きさは5μm以上であるのに対し、ウイルスを持つ飛沫核となったバイオエアロゾルは細かく重さが軽いので遠くまで空気に乗って広がっていくのが特徴です。

このようにバイオエアロゾルと呼ばれるものは、飛沫よりさらに長く遠くまで飛散するため、近くにいる人だけでなく作業所全体において感染リスクが高まります。

エアロゾルは大型集塵機・清浄機で除去できる。

人体被害のリスクとなるエアロゾルを除去するには100μm以下の粉塵も回収できる大型集塵機・清浄機を採用することが効果的です。また大型集塵機などを採用する際にはそれぞれの機器の特徴を理解した上で最適なものを選ぶ必要があります。

◇ウエットスクラバー(アコー)

アコーのウエットスクラバーは集塵効率が高く、シングルスクラバーでは8μm粒子を100%捕集、ダブルスクラバーでは1μm粒子を99%捕集することが可能です。また構造はフィルターやデミスターがないのが特徴であり、目詰まりをしないことから風量が低下しないのが特徴です。

さらにガスによって水を巻き上げる構造であるためポンプが不要であり、火災や爆発のリスクがないのもポイントでしょう。

◇エアロゾルコレクター(アマノ)

ウイルス捕集に特化した空気清浄機であるアマノのエアロゾルコレクターは、毎分15㎥の大風量による吸引が特徴です。これにより0.1μmの細かな微粒子を 99%捕集し、空気をクリーンな状態へと浄化することができます。

また金属製の電気集塵式電極によって吸着させることから、湿気を含んだエアロゾルでも目詰まりを起こすことなく捕集することが可能です。

大型集塵機で効率と職場環境を改善

製造現場において大型集塵機を導入することは、製品の品質を保つために必要不可欠であるといえるでしょう。また大型集塵機によって空気が浄化されることで従業員にとってより快適に働ける環境となります。

◇品質低下につながる粉塵を回収

エアロゾルは吸入することによる人体被害だけでなく、製品の品質低下にも繋がってしまうのが大きな問題です。例えば液晶パネルの生産においては微量でも粉塵が付着するだけでも不良品となってしまいます。

このように製品の品質に関わる粉塵を大型集塵機によって回収することは、製品を常に安定した品質で製造するために欠かせないでしょう。また粉塵によって不良品となるリスクが低減することでより効率的な製造が可能となります。

◇従業員の健康を維持・促進

2015年以降、世界の持続可能な開発目標とされるSDGsでは「すべての人に健康と福祉を」というスローガンを掲げており、従業員の健康維持と促進が求められています。そんな中で大型集塵機を採用することは、従業員がエアロゾルによる健康被害を受けることなく製造作業を行うための環境改善に繋がります。

また大型集塵機の採用に合わせて、集塵機による騒音、火災や爆発への対策などを施すことでより従業員が安心かつ快適に働ける環境づくりが実現できるでしょう。


エアロゾルは、自然由来の花粉やほこりだけでなく、製造業のプロセスから発生する粉塵や煙としても現れます。これらは大気中に浮遊する100μm以下の微粒子であり、特にPM2.5として知られる2.5μm以下の粒子は、大気の清浄度を示す重要な指標です。

また、エアロゾルによるウイルス感染も懸念されます。エアロゾルは目に見えにくいため、対策が困難とされていますが、効果的な予防策の策定と実施が重要です。

製造業の現場では、これらのエアロゾルが作業環境に悪影響を及ぼすため、労働条件の改善に向けた対策が求められています。その解決策として、大型集塵機の導入が広がっています。

これらの集塵機は、細かい粒子を効率的に捕集し、より安全で清潔な作業環境を保つのに役立っています。また、これにより作業場の空気質が向上し、従業員の健康と生産性が促進されることから、企業の持続可能な運営に寄与しています。

大型集塵機についてもっと詳しく
大型集塵機 完全ガイド
大型集塵機 完全ガイド

メーカー

グラインダー用集塵機が注目されているメーカー3選

電気集塵機が注目されているメーカー3選

フィルター集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

特殊&高性能集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

移動式集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

粉塵集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

工事用集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

小型集塵機が注目されているメーカー

パルスジェット式集塵機が注目されているメーカー

湿式集塵機が注目されているメーカー

メンテナンスでも安心できる集塵機メーカー

サイクロン集塵機で有名な集塵機メーカー3選

大型集塵機で有名な集塵機メーカー3選

歴史が長い集塵機メーカー3選

資本金の大きい集塵機メーカー3選

従業員数の多い集塵機メーカー3選

大型集塵機のおすすめメーカーはどれ?データベースを検索

企業情報

新東工業株式会社の集塵機は対策システムが特徴!

先進技術で環境に貢献する総合プラントエンジニアリングメーカー・富士工機株式会社

ホーコス株式会社は用途別で集塵機を選べる!

特集記事

大型集塵機と除塵装置の違いとは? 除塵装置の種類も紹介

大型集塵機におけるフィルターの役割と形状別・素材別の種類

IPF Japan 2023 国際プラスチックフェアでも注目を浴びた大型集塵機とは

工場内の粉塵を改善しよう!主な対策及び大型集塵機の種類について紹介

集塵機について

大型集塵機でエアロゾルを除去できる?対応可能機種もご紹介

大型集塵で火災実験室における煙や臭気の回収に成功した事例を紹介

大型集塵で騒音問題を解決!導入事例を紹介

大型集塵機で排ガスの工程内リサイクルに成功した事例を紹介

切削加工とは? 大型集塵機で健康被害リスクを低減

ウェットスクラバーを導入する際は凍結対策も重要!メンテナンスや凍結対策

溶接ヒュームの危険性とヒューム微粉塵の集塵による利点

排気装置と集塵機の違いは?導入の効果と類似装置を解説

清掃工場の排ガスに関する課題とは?バグフィルター大型集塵機で有害物質を除去

オイルミストが人体や労働環境に与える影響とは?電気式集塵機の利点を解説

有害なヒューム微粉塵には大型集塵機が必須! 集塵機の特徴や選び方を紹介

大型集塵機における排気処理の重要性とは?

コンタミ防止は企業の重要課題!対策には局所クリーンや集塵機がおすすめ

ばいじんを除去して大気汚染を防止!大型集塵機の導入の効果とは

粉体投入時の飛散による課題とは?集塵機能がついた機器を選んでロスを防ぐ

切削加工現場では集塵機による粉塵対策が重要!選び方のポイント

大型集塵機を設置するなら屋外に!屋外に設置する際の課題と対策

工場の油煙対策には大型集塵機が有効!導入事例を紹介

大型集塵機をオーダーメイドする利点は?対応可能なメーカーについて

集塵機の吸引力を左右する要因と大型集塵機・小型集塵機の違い

大型集塵機の気になるランニングコスト!比較的低い種類と削減のポイント

木片粉塵による人体への影響は?効果的な集塵機について

大型集塵機で重要な風量!必要風量の計算方法と風量が下がる原因

大型集塵機のトラブル防止に定期的な点検が重要!主な点検内容と法令

集塵機で過去に発生した事故とは?事故原因と対策

窯業の粉塵対策には大型集塵機が効果的!

大型集塵機における圧力損失の重要性と計算方法について

樹脂製造に大型集塵機がおすすめな理由とは?導入事例も紹介

プリーツフィルターで大型集塵機の効率が上がる?

大型集塵機「ウェットスクラバー」はどう選ぶ?

大型集塵機の差圧の目安は? 差圧が上昇する原因も解説

サイクロン式大型集塵機の原理とは? 主流にならないワケも解説

汎用性の高い大型集塵機バグフィルターの原理を解説

健全な成長を見せる大型集塵機産業! 国内トップシェアメーカーを2社紹介

強力な大型集塵機を選ぶには? 大型集塵機の種類や選び方を解説

バグフィルターの構造を解説! 予測されるトラブルとメンテナンス

バグフィルター集塵機の仕組みとは?逆流による払落し機能とメーカー

パルスジェット式の仕組みとは?集塵機のおすすめメーカーを紹介

除塵と集塵の違いは?大型集塵機選定の注意点やトラブルを紹介

バグフィルター大型集塵機のろ布の寿命は?おすすめメーカーを紹介

工業用集塵機を導入!効果やおすすめ機器・メーカーを紹介します

大型集塵機を導入しよう!種類ごとの仕組みや選定ポイントを解説

大型集塵機の使い方とは?集塵機の主な種類・おすすめメーカー

大型集塵機選びは排気温度が重要!高温ガス対応の集塵機を紹介

粉塵の人体への健康被害とは?大型集塵機の設置で解決!

「粉じん障害防止規則」とは? 大型集塵機の定期点検が重要

大気汚染物質を吸引できる大型集塵機とは?

遠心力集塵・サイクロンの原理とサイクロン式集塵機の用途

大型集塵機は定期的にメンテナンスを実施してトラブルを防ごう!

電気集塵機とは?原理とメリットを解説!

バグフィルター(ろ過式集塵機)とは?仕組みや注意点を解説

湿式スクラバー(洗浄式集塵機)とは?メリット・デメリット

効果絶大!工場での大型集塵機導入事例から学ぶ清潔な作業環境

世界にまたがる市場~集塵機の国内外のメーカーと動向

集塵機の特性にあったサポート体制~営業やエンジニアを支える接客とは

集塵機の営業は特種なプロジェクト~専門性の高い業務機器の営業とは

集塵機には「乾式」と「湿式」がある?「乾式」と「湿式」の違いは

集塵機のメリットとデメリット解説!

集塵機とは?掃除機との違いや集塵機を選ぶ際のポイントを解説!

集塵機の選び方とは?種類別の特長を解説

集塵機の主な4種類について徹底解説!

集塵機で工場の粉塵に関する悩みを解決!おすすめメーカー2選をご紹介

アマノの集塵機は既製品のラインナップが充実!

アコーの集塵機はオーダーメイドでお悩みを解決!

サイクロン集塵機の特長とは?おすすめメーカー2選をご紹介

スクラバー(湿式集塵機)の特長とは?おすすめ湿式集塵機メーカー2選をご紹介

バグフィルターの特長とは?おすすめの集塵機メーカー2選をご紹介

業務用大型集塵機はどう選ぶ?使用シーンや特徴も詳しく解説!

カテゴリー

メーカー

企業情報

特集記事

集塵機について

アーカイブ

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年04月