【PR】【大型集塵機完全ガイド】おすすめ集塵機メーカー2選

集塵機の選び方とは?種類別の特長を解説

2023/04/24

集塵機は、チリやホコリだけでなく、木、金属、石膏、液体など様々な種類の物質を吸い取ることができますが、機種によってはうまく捕集できなかったり、故障を招いたりする可能性もあります。そのため、集塵機を購入する際は、使用する物質の種類や量、状態に応じて、適切な集塵機を選ぶことが重要です。今回は、集塵機の選び方が分からない方のために、主な集塵機の種類とそれぞれの特長について詳しく解説していきます。

集塵機の種類は大きく分けて4種類

集塵機の選び方が分からない方は、まずは集塵機にどのような種類があるか理解しておくことが大切です。集塵機は大きく4つの種類に分類できます。それぞれの特長は、次のとおりです。

バグフィルター

過式集塵機のことで、フィルターで粉塵を捕集します。集塵能力を維持するために、フィルターに付着した粉塵は、定期的に逆洗(パルスジェット)で払い落とされます。フィルターの種類には、ポリエステル、耐熱ナイロン、ガラス繊維などがあり、用途に合わせて選べます。サイクロン集塵機では難しい細かい粉塵でも、99%捕集でき、幅広い風量にも対応可能です。

ウェットスクラバー

水に落とし込み粉塵を捕集するため、火災の心配がなく、油煙混じりの粉塵、爆発性の高い粉塵などに適しています。フィルターを使った集塵機よりもサイズがコンパクトなため、設置しやすいのもメリットです。

サイクロン集塵機

遠心力を使って粉塵を分離し捕集します。フィルターが不要なため、メンテナンスが楽でランニングコストも安いです。粉体のみならず、水、油、金属などに使用できます。

電気集塵機

電気集塵機は電気モーターを使用してファンを回転させ、空気中の微粒子に電荷を付加することで集塵します。各種加工工場や建設現場などにおける廃棄物や粉塵の収集に適しています。省エネタイプが多く、運転コストを抑えられるのがメリットです。

ポイント1・乾湿両用か乾式専用か

集塵機には、乾湿両用タイプと乾式専用タイプがあります。このふたつの違いは吸い込むものの違いで、選び方を誤ると故障の原因になります。乾湿両用タイプと乾式専用タイプの違いも、事前にチェックしておきましょう。

乾湿両用タイプ

フィルターを変えることで、乾燥した粉塵と液体の両方を吸い込めますが、機種によってはフィルターの交換が不要なものもあります。ただし、乾湿両用のフィルターは目が荒く、細かい粉塵がモーターまで届いて故障する可能性があるため、細かい粉塵には向きません。また、ホースの長さは、乾式専用タイプのホースと比較して短く、約2mです。

乾式専用タイプ

乾燥した粉塵専用の集塵機です。液体には対応していないため、液体を吸い込むと故障を招くので注意が必要です。乾式専用タイプは、フィルターの目が細かく、細かい粉塵を捕集することができるため、液体を吸う必要がない場合には、乾式専用タイプの購入をおすすめします。また、ホースの長さは約5mあります。

粉塵と液体の両方を吸える乾湿両用タイプのほうが性能が高いように見えますが、細かい粉塵を捕集する場合には、乾式専用タイプが適しています。

ポイント2・電気工具と接続するか

集塵機は、電動ノコギリやグラインダーなどと接続して連動させて作業することも可能です。電動ノコギリと集塵機を接続する場合、電動ノコギリを作動させると自動的に集塵機も作動します。おが屑やゴミはすぐに吸い取られ、掃除をする必要がなくなるため、作業効率がアップします。電動工具を接続する場合は、以下のポイントをチェックしてください。

連動機能が搭載されているか

電動工具は、乾湿両用タイプ、乾式専用タイプのどちらにも接続できます。ただし、すべての機種に電動工具を接続できるわけではなく、接続し連動させられるのは、連動機能が搭載された集塵機のみです。連動機能付きかどうかは、製品のスペックに記載されています。

T型ノズルが付いているか

電動工具と接続して使用するだけあれば特に問題はありませんが、掃除機としても使う場合は、T型ノズルが必要です。連動機能が搭載された集塵機には、T型ノズルは別売りになることが多いので、購入する際に付属されているか、オプションか確認が必要です。

ポイント3・集塵容量はどれくらいか

集塵機の容量とは、タンクの容量のことです。タンクの容量が大きければ、それだけ多くの粉塵を捕集できるので、集めた粉塵を頻繁に捨てる必要がなく、長時間作業ができます。しかし、その一方でサイズが大きくなり、移動や収納が難しくなりますので、作業頻度や収納場所を考慮して選ぶことが重要です。

基本的な容量のサイズは8Lと15Lのふたつです。必要があれば、もっと大きいサイズを探すことも可能です。一般的なサイズで、容量の違いでサイズにどれぐらいの違いが生じるかというと、HiKOKIが販売している製品の場合、以下のとおりです。

容量       製品名    本体寸法(幅×奥行×高さ)
8L    RP80YB(L)  331×364×361mm
15L   RP150YB(L)   331×364×418mm

容量は約2倍違いますが、本体寸法の幅と奥行きは同じで、高さが57mm高くなっているだけです。数センチの違いであれば容量が大きいほうが便利ですが、メーカーによってサイズは異なり、数センチでも違いでも収納場所に収納できないこともあります。容量で選ぶときは、必ず本体寸法もご確認ください。


集塵機には、バグフィルター、ウェットスクラバー、サイクロン集塵機、オイルミスト集塵機の4種類があり、液体が吸える乾湿両用タイプと液体が吸えない乾式専用タイプが存在します。選ぶ際には、用途に合わせた選択が重要であり、また、容量を選ぶ際には本体寸法も確認する必要があります。

種類が多くて選べない場合は、メーカーに直接問い合わせて、用途に応じた適切な機種を紹介してもらうとよいでしょう。よろしかったら以下に参考になる2社紹介を紹介します。

アコー株式会社

アコー株式会社は、完全受注生産を行っており、ニーズに合わせた製品オーダーメイドで生産しています。要望や環境に合わせた最適な集塵機を提供しており、品質にもこだわっています。また、一貫生産を行っているため、生産工程において細かなカスタマイズも柔軟に対応できます。


アマノ株式会社

アマノ株式会社では、小型から大型までさまざまな用途に適した豊富な集塵機を提供しています。また、持ち込まれた粉体の空気輸送テストや粉粒の物性測定などのテスト、電極洗浄サービスなど多岐にわたるサービスを通じて、現場でのサポートに取り組んでいます。


大型集塵機についてもっと詳しく
大型集塵機 完全ガイド
大型集塵機 完全ガイド

メーカー

グラインダー用集塵機が注目されているメーカー3選

電気集塵機が注目されているメーカー3選

フィルター集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

特殊&高性能集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

移動式集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

粉塵集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

工事用集塵機が注目されている集塵機メーカー3選

小型集塵機が注目されているメーカー

パルスジェット式集塵機が注目されているメーカー

湿式集塵機が注目されているメーカー

メンテナンスでも安心できる集塵機メーカー

サイクロン集塵機で有名な集塵機メーカー3選

大型集塵機で有名な集塵機メーカー3選

歴史が長い集塵機メーカー3選

資本金の大きい集塵機メーカー3選

従業員数の多い集塵機メーカー3選

大型集塵機のおすすめメーカーはどれ?データベースを検索

企業情報

新東工業株式会社の集塵機は対策システムが特徴!

先進技術で環境に貢献する総合プラントエンジニアリングメーカー・富士工機株式会社

ホーコス株式会社は用途別で集塵機を選べる!

特集記事

大型集塵機と除塵装置の違いとは? 除塵装置の種類も紹介

大型集塵機におけるフィルターの役割と形状別・素材別の種類

IPF Japan 2023 国際プラスチックフェアでも注目を浴びた大型集塵機とは

工場内の粉塵を改善しよう!主な対策及び大型集塵機の種類について紹介

集塵機について

切削加工とは? 大型集塵機で健康被害リスクを低減

ウェットスクラバーを導入する際は凍結対策も重要!メンテナンスや凍結対策

溶接ヒュームの危険性とヒューム微粉塵の集塵による利点

排気装置と集塵機の違いは?導入の効果と類似装置を解説

清掃工場の排ガスに関する課題とは?バグフィルター大型集塵機で有害物質を除去

オイルミストが人体や労働環境に与える影響とは?電気式集塵機の利点を解説

有害なヒューム微粉塵には大型集塵機が必須! 集塵機の特徴や選び方を紹介

大型集塵機における排気処理の重要性とは?

コンタミ防止は企業の重要課題!対策には局所クリーンや集塵機がおすすめ

ばいじんを除去して大気汚染を防止!大型集塵機の導入の効果とは

粉体投入時の飛散による課題とは?集塵機能がついた機器を選んでロスを防ぐ

切削加工現場では集塵機による粉塵対策が重要!選び方のポイント

大型集塵機を設置するなら屋外に!屋外に設置する際の課題と対策

工場の油煙対策には大型集塵機が有効!導入事例を紹介

大型集塵機をオーダーメイドする利点は?対応可能なメーカーについて

集塵機の吸引力を左右する要因と大型集塵機・小型集塵機の違い

大型集塵機の気になるランニングコスト!比較的低い種類と削減のポイント

木片粉塵による人体への影響は?効果的な集塵機について

大型集塵機で重要な風量!必要風量の計算方法と風量が下がる原因

大型集塵機のトラブル防止に定期的な点検が重要!主な点検内容と法令

集塵機で過去に発生した事故とは?事故原因と対策

窯業の粉塵対策には大型集塵機が効果的!

大型集塵機における圧力損失の重要性と計算方法について

樹脂製造に大型集塵機がおすすめな理由とは?導入事例も紹介

プリーツフィルターで大型集塵機の効率が上がる?

大型集塵機「ウェットスクラバー」はどう選ぶ?

大型集塵機の差圧の目安は? 差圧が上昇する原因も解説

サイクロン式大型集塵機の原理とは? 主流にならないワケも解説

汎用性の高い大型集塵機バグフィルターの原理を解説

健全な成長を見せる大型集塵機産業! 国内トップシェアメーカーを2社紹介

強力な大型集塵機を選ぶには? 大型集塵機の種類や選び方を解説

バグフィルターの構造を解説! 予測されるトラブルとメンテナンス

バグフィルター集塵機の仕組みとは?逆流による払落し機能とメーカー

パルスジェット式の仕組みとは?集塵機のおすすめメーカーを紹介

除塵と集塵の違いは?大型集塵機選定の注意点やトラブルを紹介

バグフィルター大型集塵機のろ布の寿命は?おすすめメーカーを紹介

工業用集塵機を導入!効果やおすすめ機器・メーカーを紹介します

大型集塵機を導入しよう!種類ごとの仕組みや選定ポイントを解説

大型集塵機の使い方とは?集塵機の主な種類・おすすめメーカー

大型集塵機選びは排気温度が重要!高温ガス対応の集塵機を紹介

粉塵の人体への健康被害とは?大型集塵機の設置で解決!

「粉じん障害防止規則」とは? 大型集塵機の定期点検が重要

大気汚染物質を吸引できる大型集塵機とは?

遠心力集塵・サイクロンの原理とサイクロン式集塵機の用途

大型集塵機は定期的にメンテナンスを実施してトラブルを防ごう!

電気集塵機とは?原理とメリットを解説!

バグフィルター(ろ過式集塵機)とは?仕組みや注意点を解説

湿式スクラバー(洗浄式集塵機)とは?メリット・デメリット

効果絶大!工場での大型集塵機導入事例から学ぶ清潔な作業環境

世界にまたがる市場~集塵機の国内外のメーカーと動向

集塵機の特性にあったサポート体制~営業やエンジニアを支える接客とは

集塵機の営業は特種なプロジェクト~専門性の高い業務機器の営業とは

集塵機には「乾式」と「湿式」がある?「乾式」と「湿式」の違いは

集塵機のメリットとデメリット解説!

集塵機とは?掃除機との違いや集塵機を選ぶ際のポイントを解説!

集塵機の選び方とは?種類別の特長を解説

集塵機の主な4種類について徹底解説!

集塵機で工場の粉塵に関する悩みを解決!おすすめメーカー2選をご紹介

アマノの集塵機は既製品のラインナップが充実!

アコーの集塵機はオーダーメイドでお悩みを解決!

サイクロン集塵機の特長とは?おすすめメーカー2選をご紹介

スクラバー(湿式集塵機)の特長とは?おすすめ湿式集塵機メーカー2選をご紹介

バグフィルターの特長とは?おすすめの集塵機メーカー2選をご紹介

業務用大型集塵機はどう選ぶ?使用シーンや特徴も詳しく解説!

カテゴリー

メーカー

企業情報

特集記事

集塵機について

アーカイブ

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月

2023年04月